地域の皆様の

かかりつけ医として

 

診療内容

眼科一般診療

■眼精疲労
■結膜炎(アレルギー性・流行性など)
■飛蚊症
■視力低下
■ものもらい(麦粒腫、霰粒腫)
■白内障
■緑内障
■糖尿病網膜症
■ドライアイ

■お子さまの斜視・弱視
■コンタクトレンズ・眼鏡の処方、ご相談 など


目が疲れる・目の充血・目の痛み・目ヤニがよく出る・目のかゆみ・最近視力が落ちた・ひどくまぶしい・ぼやけて見えるなど目の不調がある方は何でもお気軽にご相談下さい。

白内障

白内障とは、目の中にある小さなレンズ(水晶体)が濁るために、まぶしく見えたり物がかすれて見えるようになる病気です。40〜60歳代から、しだいに曇りが出てきて、全体に薄い濁りが生じる場合と、周辺部に濁りが生じる場合があります。 進行予防には点眼や内服液が使われます。ある程度進行した場合は、手術を行うことをおすすめしています。手術を受けるタイミングはひとりひとりのライフスタイルを配慮し、最適なアドバイス致します。

 
緑内障

緑内障とは、房水(目の中を循環する体液)によって保たれている眼球内圧(眼圧)が適正範囲を超えてしまうために視神経が障害され、少しずつ視野が狭くなっていく疾患です。治療は、点眼治療が中心となります。40代以上の方に多く見られる病気で、初期のうちは自覚症状がないのが特徴です。そのため、気が付いたときにはかなり病状が進行していることが少なくありません。緑内障は失明の危険さえ伴う非常に怖い病気と言われており、早期発見・早期治療する事が大切です。定期な検査をお勧めします。

ドライアイ

ドライアイとは涙の量の減少で目の乾きや痛み、疲れや視力低下など様々な不快症状が現れる状態です。目が乾くと傷ができたり、アレルギー性結膜炎になりやすかったり、コンタクトレンズでトラブルを起こしやすくなります。近年、パソコンやコンタクトレンズの普及、レーシック手術後など、ドライアイの方が急増しています。治療は基本的に点眼薬のみで行います。重度の患者様に対しては涙点プラグという治療を行う場合もあります。

 

​当院案内

診療時間

△ AM 9:00~11:30

​休診日

日曜日・祝日・木曜日(火曜日の昼は11:30まで)

当院では診療時間の変更や臨時休診があります。

​来院前にお電話でご確認下さい。

​TEL:059-228-3602

住所

〒514-0032  三重県津市中央11-3

アクセス

バス/三重会館停留所・徒歩3分

   京口立町停留所・徒歩3分

車 /市役所から5分

駐車場

院長名

今野 信太郎

日本眼科学会認定 眼科専門医

TEL : 059-228-3602